紀要論文 「は」の後接から見るとりたて詞の否定呼応現象
Negative Polarity of Toritateshi When the Contrastive wa is Adjoined

井戸, 美里  ,  Misato, IDO

(15)  , pp.43 - 54 , 2018-07 , 国立国語研究所
ISSN:2186-134x print2186-1358 online
NII書誌ID(NCID):AA12536262
内容記述
本稿の目的は,「否定的特立」や「意外」を表すとりたて詞「など/なんか」「まで」を対象とし,これらのとりたて詞にはそれぞれ,文末の否定辞と呼応関係を持つものと持たないものという統語的特徴が異なる2つの用法があることを指摘することである。本稿では,この2つの用法は,否定との呼応関係を持たないものは内容語([+Lexical])の素性を持ち,呼応関係を持つものは機能語([-Lexical])の素性を持つ異なる語彙項目であるとすることで,現象を自然に説明可能であることを指摘する。さらに,否定との呼応関係を持つ「など/なんか」「まで」と持たない「など/なんか」「まで」は,無関係な2つの語彙項目なのではなく,対比の「は」の後接という現象をとおして対応関係にあることを指摘する。
The purpose of this paper is to show that the toritateshi (focus particles) nado, nanka, and made, which denote a negative or unexpected evaluation, have two usages: one that requires an overt negative morpheme and one that does not. This phenomenon can be explained naturally by assuming that, syntactically, the former usage has a [-Lexical] feature and the latter a [+Lexical] feature. Furthermore, these focus particles have a particular syntactic correlation. If the contrastive marker wa is adjoined to nado, nanka, or made with the [+Lexical] feature, the feature reverses polarity from [+Lexical] to [-Lexical], and the particles then require an overt negative morpheme.
本文を読む

https://repository.ninjal.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=1611&item_no=1&attribute_id=54&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報