紀要論文 日本語ピア・リーディング授業における学習者の批判的思考の活性化
The Activation of Japanese Learners' Critical Thinking in a Japanese Peer Reading Course

楊, 秀娥  ,  Xiue, YANG

(14)  , pp.325 - 345 , 2018-01 , 国立国語研究所
ISSN:2186-134x print2186-1358 online
NII書誌ID(NCID):AA12536262
内容記述
本稿は,談話分析の手法で,日本語ピア・リーディング授業の中で,学習者の批判的思考がどのように活性化しているのかを示したものである。日本語ピア・リーディング授業において,学習者はテキストに対する質問とコメントを提起しながら,批判的にテキストを読んでおり,テキストに書かれた原文の考えと様々な異なりを見せた代替案を創り,創造的にテキストを読んでいた。そして,他者との対話を通して,提示された問題に対する解決,深化,共有などの変化がもたらされ,問題解決に向かっていった。ピア・リーディングのプロセスにおいて,学習者は,各々の思考についてメタ的に考え,解釈,説明,推論,評価,分析といった批判的思考の認知技能を多く活性化させていた。一方で,問題解決につながっていない対話がなされるケースも少なくなかった。
This paper demonstrates the processes of activating the learners' critical thinking in a Japanese peer reading course using the approach of discourse analysis. In the Japanese peer reading course, the learners have read the text critically by raising both comprehensive questions and querying questions; they have read the text creatively by producing alternative ideas to replace the original ones in the text. Through dialogue with other group members, the learners developed their problem-solving ability by solving the problems, deepening their understanding, and sharing their answers with others. In the process of peer reading, the learners acquired the ability to improve their meta critical thinking, and activate their cognitive skills of interpretation, explanation, inference, evaluation, and analysis. Meanwhile, many cases were confirmed of dialogues that did not lead to problem-solving.
本文を読む

https://repository.ninjal.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=1442&item_no=1&attribute_id=54&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報