紀要論文 徳之島浅間方言のアクセント資料(4)
Accent Data from the Asama Dialect in Tokunoshima, Amami: Part 4

上野, 善道  ,  Zendo, UWANO

(13)  , pp.209 - 242 , 2017-07 , 国立国語研究所
ISSN:2186-134x print2186-1358 online
NII書誌ID(NCID):AA12536262
内容記述
本誌前号に引き続き,五十嵐陽介(2016)が提案した「日琉語類別語彙リスト」にある1~6拍名詞930語について,アクセント比較研究の推進を目的として,奄美徳之島浅間方言のアクセント資料を提示する。
With a view to promoting comparative study of Japanese and Ryukyuan, this paper presents accent data from the Asama dialect in Ryukyuan Tokunoshima with particular reference to 930 nouns of one to six morae in the accent-class list of Proto-Japanese-Ryukyuan proposed by Igarashi (2016).
本文を読む

https://repository.ninjal.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=1395&item_no=1&attribute_id=54&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報