紀要論文 磁気テープの多チャンネル読み取りによる高速ディジタルアーカイビング
High-Speed Digital Archiving of Magnetic Tape Using a Multichannel Reading System

大内, 康裕  ,  Yasuhiro, OUCHI

(13)  , pp.167 - 185 , 2017-07 , 国立国語研究所
ISSN:2186-134x print2186-1358 online
NII書誌ID(NCID):AA12536262
内容記述
現在は一般に用いられることの少なくなった磁気テープ,レコード等の記録メディアに保存されている日本語等の音声記録資料が国内外に数多く存在する。その量は再生時間に換算すると数10年分には相当するであろう。言語研究をはじめとする多くの目的でそれらをディジタルデータとして保存し,内容を書きおこし,公開することが望まれているが,それぞれの段階で莫大な時間や費用がかかることから,現在の技術でそれら全てを実現することは困難が伴う。また,記録メディアの種類により適切な再生システムを選定する必要性も生じる。本論文では,膨大な数の過去のアナログ記録メディアからの音声情報を,磁気テープの種類に依らずに高速に読み取る手法について検討を行った結果を示す。
There are many audio recordings of Japanese in both Japan and abroad, stored on recording media such as magnetic tapes and records, which are generally no longer used today. The total amount of material would be equivalent to decades of playback time. It is desirable that these should be stored as digital data, with their contents transcribed and made public, for linguistic research and many other purposes. However, the conversion process takes a great deal of time and is very costly at each phase. Therefore, it is difficult to convert all the material with current technology. Additionally, it is necessary to select an appropriate reproduction system based on the type of recording medium. In this paper, I discuss the results of examining a method of high-speed reading of audio information - that does not depend on the type of magnetic tape — from a huge number of analog recording media made in the past.
本文を読む

https://repository.ninjal.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=1393&item_no=1&attribute_id=54&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報