Departmental Bulletin Paper 現代日本語における動詞「ある」の多義構造
The Polysemic Structure of a Verb in Modern Japanese: The Case of aru

野田, 大志  ,  Hiroshi, NODA

(12)  , pp.81 - 110 , 2017-01 , 国立国語研究所
ISSN:2186-134x print2186-1358 online
NCID:AA12536262
Description
本研究は,現代日本語における動詞「ある」の多義構造について,認知言語学における諸概念を援用することで包括的,体系的に明らかにすることを目的とするものである。はじめに,本研究において動詞「ある」の語彙的意味(動詞レベルの意味)に焦点を当てた分析を行うことの意義を示す。次に,現行の辞書類における「ある」の意味記述について,「語義の区分」及び「メタ言語の選定」という2つのレベルにおける問題点を指摘する。以上を踏まえ,動詞「ある」が有する20の意味(多義的別義)を認定し,それぞれの別義の意味特徴,使用される構文の特徴,(文レベルの)存在表現の分類における位置づけについて検討する。また,複数の意味の相互関係について,比喩に基づく意味拡張という観点によって明らかにする。その上で,20の意味(節点)によって形成される動詞「ある」の多義ネットワークの全体像を提示する。
This study aims to analyze comprehensively and systematically the polysemic structure of the verb aru in modern Japanese, based on cognitive linguistics. First, the significance of the study, which focuses on the lexical meaning of the verb aru (exist), is outlined. Second, the problems observed in the descriptions of aru in current Japanese dictionaries are highlighted. These problems are observed as primarily pertaining to the classification of the verb's meanings and its selection of metalanguages. Third, this study provides 20 different meanings of the verb aru. Moreover, it clarifies the process of semantic extension of these meanings using metaphor, synecdoche, and metonymy. Finally, this study suggests that combinations of these 20 meanings form a polysemic network in which these meanings are treated as nodes.
Full-Text

https://repository.ninjal.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=871&item_no=1&attribute_id=54&file_no=1

Number of accesses :  

Other information