紀要論文 岡崎における第三者敬語の位置づけ : 「第三者尊敬表現」,「第三者謙譲表現」各場面のデータを中心に
Positioning of Third Person Honorifics in Okazaki

辻, 加代子  ,  井上, 史雄  ,  柳村, 裕  ,  Kayoko, TSUJI  ,  Fumio, INOUE  ,  Yu, YANAGIMURA

(11)  , pp.147 - 166 , 2016-07 , 国立国語研究所
ISSN:2186-134x print/2186-1358 online
NII書誌ID(NCID):AA12536262
内容記述
本稿は,2008年に実施された第3次岡崎敬語調査から新たに加えられた第三者尊敬表現と第三者謙譲表現に関する設問に対する回答のデータに焦点をあて,岡崎市における第三者敬語の位置づけについて分析・検討したものである。その結果以下のようなことが明らかになった。岡崎市における敬語体系自体がどの段階にあるか,という観点から見ると以下のようである。(1)目上の人物である先生を話題にして,対友人場面で尊敬語を使わず,対先生場面で尊敬語を使うという回答が多数を占めた。世代別に見ると,若い世代にかけてこの傾向が強まる。男性の方が女性よりこの傾向が強く,女性に一歩先んじてこのような運用となっている。この結果から,見かけ時間の変化ではあるが,尊敬語の対者敬語的使用(敬語体系全体の丁寧語化)への変化が進んでいると言える。ただし,話し相手と話題ともに上位者を設定した場面では,回答が分かれ,話題と話し相手との関係も考慮した回答が一定数認められた。これは相対敬語的用法と言える。(2)「第三者謙譲表現」場面のデータには,他人を話し相手として身内の父親に言及する際,尊敬語使用はごく少数しか認められなかった。この結果から身内尊敬用法がほとんど行われていないことがわかった。第1 次調査の別の項目の結果からは身内尊敬用法がかなり行われていることが認められるので,この点でも変化が認められることになる。岡崎市の敬語の地理的位置づけ,という観点から見ると以下のようである。(3)敬語の運用上の特徴は,西日本的とされる,身内尊敬用法のような,絶対敬語的運用を残す運用や,くだけた場面でも素材敬語が高頻度で用いられるという運用は衰退し,東日本的な敬語体系全体の丁寧語化のような運用に変わりつつある。また,尊敬語伝統形の衰退のような語形の変化よりも,丁寧語化のような運用の変化が遅れていることもわかった。
This paper aims to examine the positioning of third-person honorifics in Okazaki, focusing on data obtained from responses related to third-person honorific expressions that were newly added from the third Okazaki Survey on Honorifics conducted in 2008. The results of this study answered the following question.What kinds of gradations exist within the honorific language system in the city of Okazaki? The following gradations were found in this study: First, the results of the analysis indicated that an evolution of respectful honorifics toward polite (addressee) honorific usage is ongoing, although there is a change in apparent time. However, in a setting wherein both one's conversation partner and the person who is the topic of conversation are established as being high-ranking people, certain extent of answers can be regarded as relative honorific usage.Second, for the data on scenarios involving "third-person humiliative expressions," the usage of only a few respectful honorifics was observed when referring to a speaker's father with another person as the conversation partner. This result clarified that a change toward relative honorific usage from absolute honorific usage has been identified in this regard.From the perspective of the geographical positioning of honorific language in Okazaki, the usages, characteristic in western Japan, which remain absolute honorifics, and broad respectful honorifics that are used in reference to third parties, still in casual settings, have indicated a decline. Instead, the usage trend is shifting toward an honorific system entirely comprising addressee honorifics, a characteristic of eastern Japan.
本文を読む

https://repository.ninjal.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=861&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報