Departmental Bulletin Paper 色葉字類抄データベースの構築と展望
Construction and Prospects of the Iroha-Jiruisho Database

藤本, 灯  ,  Akari, FUJIMOTO

(11)  , pp.1 - 9 , 2016-07 , 国立国語研究所
ISSN:2186-134x print/2186-1358 online
本稿は,三巻本『色葉字類抄』収録語彙データベース(の部分公開開始に伴い,その目的と構築過程,延いては古辞書データベース構築における課題と展望を示すものである。内容は,「古辞書データベース作成上の問題点」「本データベースの基本方針」「本データベースのデータ項目」「課題」「展望」から成る。指針の概要については以下の通りである。【全体の指針】利用者は,いずれの見出し語についても,少なくとも漢字・字音・和訓のいずれかより検索可能とする。また,新字・現代仮名遣いでの検索を可能とする。【指針① 漢字の処理】新字での検索に対応する。検索結果には原本に近い字形を持つ漢字を表示させるが,厳密に再現することはしない。【指針② 仮名の処理】原本の仮名遣い・現代仮名遣いのいずれによっても検索可能とする。また和語については歴史的仮名遣いでも検索可能とする。【指針③ 画像と全文テキスト】底本使用の権利上,画像と全体翻字テキストの提供・公開は見送り,当面は検索システムを介して個々の語を表示させることとする。本データベース作成の契機は,『色葉字類抄』中の漢字の検索方法に困難があったことにあるが,これが完成すればその点が克服され,また古代語研究の効率化が期待される。
This paper presents the purpose, process, and difficulty of constructing the Iroha-Jiruisho Database (DB), which is now partly published, and describes the general prospects of the DB, which consists of words from old Japanese dictionaries. The following are the DB guidelines.【Overall guidelines】Users can search for words in the Iroha-Jiruisho DB with Chinese characters or kana. Both traditional and new forms are available, as are the traditional and modern kana.【guideline i】New character forms, which are invisible in the manuscript and search results, are available to use for searching. Further, the forms similar to them in the manuscript will be displayed in the search results.【guideline ii】Users can search for words using the syllabary spelling of the manuscript, modern kana, and, for native Japanese words, traditional kana.【guideline iii】In consideration of the owner of the manuscripts, the search results show individual words in the DB, instead of the whole transliteration, for the time being.

Number of accesses :  

Other information