紀要論文 〈共同研究プロジェクト紹介〉 基幹型:日本列島と周辺諸言語の類型論的・比較歴史的研究 東北アジア言語地域の位置付けに向けて
On the Northeast Asia as a Linguistic Area

ホイットマン, ジョン  ,  John, WHITMAN

6 ( 3 )  , pp.69 - 82 , 2016-03 , 国立国語研究所
ISSN:2185-0100 print/2185-0119 online
NII書誌ID(NCID):AA12480598
内容記述
本プロジェクト(日本列島と周辺諸言語の類型論的・比較歴史的研究)の目的は,日本語とその周辺の言語を主な対象とし,その統語形態論的・音韻的特徴とその変遷を,言語類型論・統語理論・比較歴史言語学の観点から解明することによって,東北アジアを1つの「言語地域」として位置付けることである。統語形態論の観点からは「名詞化と名詞修飾」に焦点を当て,日本語においても見られる名詞修飾形(連体形)の多様な機能を周辺の言語と比較しながら,その機能と形と歴史的変化を究明する。歴史音韻論の観点からは,日本語周辺諸言語の歴史的再建を試み,東北アジア記述言語学における通時言語学研究を推進する。本稿では,この共同研究プロジェクトを紹介しながら,日本語,厳密にいうと日琉語族がどの言語地域に属するかについて検討する。
This paper describes the research activities of the joint research project "Diachronic and Typological Research on the Languages of the Japanese Archipelago and Its Environs". A major focus of the project was to investigate the status of Northeast Asia as a linguistic area or Sprachbund. The project was made up of three teams: a team focusing on morphosyntax, one on phonological reconstruction, and one on the Ainu language, headed by Dr. Anna Bugaeva. The morphosyntax team investigated such topics as the role of nominalizations as a source for main clause grammar in Northeast Asia and elsewhere. The phonological reconstruction team examined topics such as accentual change in Japonic and the status of tongue root harmony as a defining feature of the Northeast Asian Sprachbund. Another product of the project was an investigation of the statistical properties of the typological data in the WALS (World Atlas of Linguistic Structures) database (Dryer and Haspelmath 2013).
本文を読む

https://repository.ninjal.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=844&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報