Departmental Bulletin Paper e-learning を利用した韓国語母語話者によるライティングの誤用への間接的フィードバックの研究
A Study of Indirect Feedback on E-learning Writing Errors by Korean Learners of Japanese as a Foreign Language

尹, 鎬淑  ,  迫田, 久美子  ,  川崎, 千枝見  ,  Ho-Sook, YOUN  ,  Kumiko, SAKODA  ,  Chiemi, KAWASAKI

(10)  , pp.315 - 333 , 2016-01 , 国立国語研究所
ISSN:2186-134x print/2186-1358 online
NCID:AA12536262
Description
本研究は,日本語を第二言語として学習している韓国語話者を対象として行った作文の誤用に関して,以下の3つの課題を明らかにすることを目的とする。(i) 複数回の間接的フィードバックは,韓国人日本語学習者の誤用訂正を促進するか。言い換えれば,さらに気づきを促す効果があるか。(ii) 促進するとすれば,日本語能力の上位群と下位群で効果に違いが見られるか。(iii) 複数回の間接的フィードバックにより誤用訂正を促進する特定の文法項目(受身,助詞,モダリティ,自他動詞)があるか。調査の結果,(i)' 1回目より2回目のフィードバックによる訂正率が高く,複数回の間接的フィードバックは,自己訂正を促進することがわかった。また,(ii)' 下位群は上位群に比べて誤用訂正の効果が高いことが明らかになった。(iii)' 文法項目については,学習者は日本語母語話者に比べて,受身やモダリティを過剰使用する傾向が見られたが,フィードバックによって修正ができた。助詞については,1回目のフィードバックでの自己訂正の割合が高いが,2回目のフィードバックの後でも依然として誤用が残るケースがあるという結果となった。このことから,助詞は自己訂正しやすい項目ではあるが,複数回のフィードバックでも誤用が残り,間接的フィードバックによる自己訂正が極めて困難な項目であることがわかった。これらの調査結果をふまえると,複数回のフィードバックが迅速に行われるe-learningは,日本語学習者の自己訂正を促し,習得を促進する可能性が高いと言える。
The aim of this article is to examine the three questions below based on the results of written data by Korean learners of Japanese as a foreign language.i) Do repeated indirect feedbacks (FB1 & FB2) promote self-monitoring more than one-time feedback (FB1)?ii) Is there a difference between advanced-level learners and elementary-level learners?iii) Do these forms of feedback promote learners' self-monitoring to grammatical items of Japanese, such as the passive, particles, modality, and transitive/intransitive verbs?According to the results, i) both forms in the study promote self-monitoring, with the second feedback (FB2) more effective than the first (FB1); ii) compared to the advanced group, the elementary group corrects errors more by repeated feedback; iii) learners overuse grammatical morphemes of the passive and modality by comparison with native speakers of Japanese. Both forms of feedback are very effective in correcting particle errors. However, learners have difficulty in correcting all errors by repeated indirect feedback.
Full-Text

https://repository.ninjal.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=834&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

Number of accesses :  

Other information