紀要論文 相互行為における聞き手反応としての「うん/はい」の使い分け : 「丁寧さ」とは異なる観点から
Differences in Interactive Usage of Japanese Recipient Response Tokens un and hai

山本, 真理  ,  Mari, YAMAMOTO

(10)  , pp.297 - 313 , 2016-01 , 国立国語研究所
ISSN:2186-134x print/2186-1358 online
NII書誌ID(NCID):AA12536262
内容記述
本研究は「うん」「はい」に代表される「聞き手の短い反応」を対象とし,その使い分けを明らかにするものである。これまでの日本語学・日本語教育における研究では,「うん」と「はい」の違いは基本的には「丁寧さ」のみが異なるものとして提示されてきた。しかしながら,筆者が「日本語話し言葉コーパス(CSJ)」のインタビュー場面のデータを対象とし,分析を行ったところ,「丁寧さ」とは異なる基準で両者が使い分けられている可能性が示唆された。本稿では,会話分析(Conversation Analysis)の立場から,インタビュイー(説明者)が自己開始修復を用いて「聞き手に向けて特別に説明を差し挟み,修復の操作が完了する」とわかる位置において,聞き手はそれまでの反応とは差異化した形で反応をすることを例証する。
This study highlights usage differences between un and hai, two recipient response tokens available in the Japanese language. Prior research in the fields of Japanese language and Japanese language education suggests that the difference in usage between the two response tokens is merely one of politeness. However, analysis by the author of the Corpus of Spontaneous Japanese (CSJ), a collection of Japanese conversations, indicates that recipients may also distinguish the use of un and hai based on a standard other than politeness. From the viewpoint of conversation analysis, this paper illustrates that when speakers use self-initiated repair during an explanation to supplement special information for recipients, the latter will switch to a different response token at the end of the repair sequence, thus differentiating between the tokens on the basis of context.
本文を読む

https://repository.ninjal.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=833&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報