紀要論文 喜界島方言のアクセント資料(4)
Accent Data from the Kikai-jima Dialects : Part 4

上野, 善道  ,  Zendo, UWANO

(10)  , pp.265 - 295 , 2016-01 , 国立国語研究所
ISSN:2186-134x print/2186-1358 online
NII書誌ID(NCID):AA12536262
内容記述
奄美群島喜界島中南部に位置する中里と坂嶺の2方言を対象に,地名を前部要素とした生産的複合名詞のアクセント資料を提示する。その過程で,両方言とも,前部要素の「広島,福島」などの単語にこれまで報告して来なかった第3の型が現れ,すでに分かっていた用言のみならず,体言もまたα型,β型,γ型からなる3型アクセントであることが判明した。
Accent data from the Nakasato and Sakamine dialects in Ryukyuan Kikai-jima are presented with particular reference to productive compound nouns whose first members are place names. Analysis reveals that a number of words have a distinct γ pattern and that both dialects have a three-pattern accent system.
本文を読む

https://repository.ninjal.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=832&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報