紀要論文 日本語研究資料の整備と公開 : 国立国語研究所研究資料室の取組み
Practical Uses for Research Materials Owned by NINJAL

寺島, 宏貴  ,  Hirotaka, TERASHIMA

(10)  , pp.245 - 263 , 2016-01 , 国立国語研究所
ISSN:2186-134x print/2186-1358 online
NII書誌ID(NCID):AA12536262
内容記述
国立国語研究所は戦後の開所以来,日本語研究に関する様々な資料を生成・蓄積してきた。本稿は,ことば資料のアーカイブズ構築に向けた,国語研・研究情報資料センター研究資料室の取組みについて述べる。最初に,所内の各部署から移管された紙資料,また視聴覚・電子メディア資料がそれぞれ専用の保管庫に(紙資料は資料群ごとに,メディアは媒体ごとに)収蔵されていることを紹介する。その上で,資料群の階層構造を記述すべく以前採用されていたデータ形式であるEAD(資料群階層をマークアップ言語によって表現するための国際規格)の運用に際して,記述項目・記述量の多さや,既存の紙・メディア目録との関連付けが行なわれていなかったことを示す。次いで,EADによる記述項目を基に資料群全体を把握しやすくすべく再構成された「研究資料室収蔵データベース」によって,概要情報と既存目録とがリンクした点を説明する。最後に,新しい移管体制に向けた取組みとして移管票の改訂(申込書形式による組織間での資料受渡し―受入れの明示),また検討課題として電子データの媒体変換が必要である点について述べる。
Since its inception, The National Institute for Japanese Language and Linguistics (NINJAL) has been accumulating research documents and media for linguistics (e.g., phonetic data recordings on cassette and digital audio tapes). This paper aims to explain the contents of these materials owned by NINJAL. A further important point of consideration is creating a database for these abundant materials. I note the advantages of using a Relational Database Management System (RDBMS) for the description of research materials and the contents of previous research projects, which is an improvement on XML as formerly used in our laboratory.
本文を読む

https://repository.ninjal.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=831&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報