Departmental Bulletin Paper 近代日本語の間接疑問構文とその周辺 : 従属カ節を持つ構文のネットワーク
The Indirect Interrogative and its Relational Constructions in Late Modern Japanese : A Network between Constructions with the Embedded -ka Clause

志波, 彩子  ,  Ayako, SHIBA

(10)  , pp.193 - 220 , 2016-01 , 国立国語研究所
ISSN:2186-134x print/2186-1358 online
本研究は,主に高宮(2003,2004,2005)の一連の研究によって明らかにされた間接疑問構文の歴史的な発達について,その痕跡が明治期の日本語にどの程度見られるかを,小説(文学)テクストのコーパスから抽出された用例をもとに,現代語とも対照しながら記述した。間接疑問構文の主節述語は,近代に入っても未だ未決タイプ(「知らない」「分からない」等)が多いが,江戸後期には未発達であった既決タイプ(「分かる」「知っている」等)も1 割を超える割合で現れ,対処タイプ(「考える」「確かめる」等)においても形態的な制約がなくなり,主節述語のヴァリエーションが増えていることが確認された。また,間接疑問節のタイプでは,疑問詞疑問のタイプが非常に優勢であることも明らかになった。本研究ではさらに,主節述語が心理動詞である間接疑問構文を典型的な間接疑問構文とし,これと同じ従属カ節を持つ構文として,依存構文,間接感嘆構文,照応構文,潜伏疑問構文,内容構文,二文連置構文(背景注釈,課題提示,言い換え)を主に取り上げ,それぞれの構文の意味・構造的な特徴と,間接疑問構文との関係(ネットワーク)を考察した。この中で,未決タイプの「知れない」や既決タイプの間接疑問構文は,間接感嘆構文に意味的に非常に近いことを明らかにした。また,明治期に入って一般的に見られるようになった間接疑問構文の既決タイプは,原因・理由・条件を伴う構造で述べられることが多く,さらにこの構造の影響を受けながら依存構文が近代に入って徐々に使われ始めたのではないかという考察を示した。最後に,二文連置構文における背景注釈型,課題提示型,言い換え型についても,これらと間接疑問構文や潜伏疑問構文との違いや連続性を,用例を示しながら考察した。
The studies of Takamiya (2003, 2004, 2005) have revealed that the Japanese indirect interrogative construction evolved gradually from the Muromachi (14th-16th C. AD) to the Edo period (17th-19th C. AD). We demonstrate how much of its historical trace can be found in Late Modern Japanese through the analysis of literature corpus data from the Meiji era (1868-1912) and describe its properties of meaning and construction, which are further contrasted with present-day Japanese. We confirm that the literature texts in the Meiji era still contain a high incidence of the main predicate "absence of information type" (not know, not understand, etc.), while the incidence of the "existence of information type" (know, be obvious, confirm, etc.), which did not appear in Early Modern Japanese, exceeds 10%. Furthermore, there is no morphological restriction in the "search for information type" (check, ask, etc.) in Late Modern Japanese, by contrast with Early Modern Japanese.We presume the embedded construction with the psychological main predicate to be a typical indirect interrogative and deliberate the relationship (network) between other constructions with the embedded -ka clause, such as the dependence, indirect exclamatory, anaphora, concealed question, content clause, and two sentences in succession constructions, showing common and differing properties of their meaning and construction.

Number of accesses :  

Other information