Departmental Bulletin Paper 現代に繋がる近代初期の口語的資料における言語実態 : 速記本とSPレコードによる東西の落語を対象として
Colloquial Japanese in Materials from the Early Modern Period : Shorthand Writings and 78 rpm Disk Recordings of Rakugo in the Kanto and Kansai Regions

金澤, 裕之  ,  Hiroyuki, KANAZAWA

(10)  , pp.55 - 84 , 2016-01 , 国立国語研究所
ISSN:2186-134x print/2186-1358 online
NCID:AA12536262
Description
本稿は,明治期に出版された落語速記の作品と,同じく明治期に録音・販売されたと考えられる落語SPレコードの作品のうち,同一の演者によって行なわれた同一の落語作品を詳細に比較・対照して,その両者における言語内容の実態を明らかにしようとするものである。この両者には,噺の骨格や進め方,更には語彙的な部分においてはかなりの類似性が見られるが,話しことばというパフォーマンス部分から見ると,大きな隔たりがあることが分かった。速記資料における「口語性」を考える場合には,その資料的性格をよく考慮した上で,慎重に判断を加えつつ活用してゆくことが必要であると考えられる。
This article compares shorthand writings of rakugo (comical stories) published during the Meiji Period and their spoken versions recorded on 78 rpm disks during the same period. It examines characteristics of language use in the two media, particularly focusing on identical stories by the same storytellers.Although similarities are to be found in the structure of the stories and lexical choice, they bear little resemblance in terms of the characteristics of spoken language. The findings suggest that it is necessary to investigate the characteristics of shorthand writings as a linguistic resource, before we make use of them for research as representative of spoken Japanese in the Early Modern Period.
Full-Text

https://repository.ninjal.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=823&item_no=1&attribute_id=54&file_no=1

Number of accesses :  

Other information