Departmental Bulletin Paper Yilan Creole Case Marking

簡, 月真  ,  Yuehchen, CHIEN

(10)  , pp.1 - 17 , 2016-01 , 国立国語研究所
ISSN:2186-134x print/2186-1358 online
宜蘭クレオールは台湾で話されている日本語を語彙供給言語とするクレオール語である。台湾東部の宜蘭県においてアタヤル人及びセデック人の第一言語として使われているが,若い世代では華語へシフトしつつあり,消滅の危機に瀕している。本稿は,この言語の格表示に焦点をあて,その特徴を記述するものである。宜蘭クレオールでは,語順及び後置詞を格表示として用いている。具体的には,主語と直接目的語は語順,間接目的語とその他の項は5つの格助詞「ni, de, to, no, kara」によってマークされている。これらの格標識は上層言語である日本語由来のものであるが,そこには異なった用法が存在し,単純化への変化が認められる。また,niの意味用法の拡張なども見られ,独自な格表示のシステムが作り上げられている。
Yilan Creole is a Japanese-based creole language spoken in Taiwan. It has been used as a first language by indigenous Atayal and Seediq people living in Yilan County. This paper is a descriptive study that attempts to clarify the linguistic nature of Yilan Creole through an examination of its case-marking system. Both word order and postpositions are used for case marking in Yilan Creole. Basically, the subject and direct object are indicated by word order, while the indirect object and other arguments are marked by five postpositional case particles: ni, de, to, no, and kara. The case particles are derived from the lexifier language, Japanese. The paper concludes that, compared to the Japanese case particles, the case particle ni has undergone an extension of functions, and some other particles, on the contrary, saw a reduction of functions in Yilan Creole.

Number of accesses :  

Other information