Departmental Bulletin Paper 関西若年層の新しい否定形式「~ヤン」をめぐって
Usage of a New Negative Suffix -yan among the Young Generation of Kansai Speakers

鳥谷, 善史  ,  Yoshifumi, TORITANI

(9)  , pp.159 - 176 , 2015-07 , 国立国語研究所
ISSN:2186-134x print/2186-1358 online
NCID:AA12536262
Description
近畿中央部の否定形式には「~ン」や「~ヘン」類という2種類の形式が存在する。現在その意味的異なりは若い世代においてはなくなりつつあるという。その中で,大阪府や奈良県の世代差に注目した調査結果から若年層の2拍一段動詞及び変格動詞において,「~ヤン」という否定形式が急速に広がりはじめていることがわかった。これは近畿周縁部である「和歌山県」や「三重県」の若年層から「大阪府」や「奈良県」の若年層への流入であることを言語地理学的調査結果などから確認する。また,その変化要因としては,言語内的には,これまで「~ン」と「~ヘン」の2種類で否定をしてきたがそれらが,意味的異なりを失ったことを契機として,体系的整合性や発話としての経済性を獲得するとともに,関西全域で一つの否定形式として「~ン」のみの方向に向かっているとの見解を調査結果から論究した。ただ,五段動詞以外の2拍語では,これまでの形式との関係から単純に語幹+「ン」のみに変化できず,その変化の一段階として「ミヤヘン」などの「~ヘン」から「ミヤン」といった標準語形とは全く別の地域のアイデンティティーを生かした形式を取り入れたと考えた。この仮説は,標準語等の言語的影響を直接受けずにいる台湾日本語の変化モデルも視野に入れつつ導いたものである。
Two negative suffixes in central Kansai dialects, -n and -hen, recently exhibit similar usage, especially in the young age group. Results of a survey in Osaka and Nara show that young speakers prefer -yan, a new negative suffix found for such verb conjugation types as two-mora vowel verbs and irregular conjugation verbs. This paper reports the diffusion from Wakayama and Mie to Osaka and Nara through geolinguistic surveys and other relevant studies. The paper argues that motivations of the linguistic change from -hen to -n are internally determined by the loss of the semantic distinction between the suffixes, and externally determined by the re-organization of the negation system and the practicality of these suffixes. Other non-consonant, two-mora verbs have not demonstrated changes from -hen to -n directly. Instead a new suffix -miyan, as in miyahen ('not' see), was adopted in the process of change. This -miyan is not observed in standard Japanese. This hypothesis regarding the change of these negative suffixes is derived from the model of the linguistic change of a Japanese-based creole in Taiwan.
Full-Text

https://repository.ninjal.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=475&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

Number of accesses :  

Other information