Research Paper 御殿貯水池南遺跡Ⅱ(第5次調査)

三輪,望  ,  梶原,慎司

Description
石清尾山山塊の浄願寺山の北斜面に立地し、斜面に平行し等間隔に並ぶ中世と思われる溝を確認した。耕作に伴う鋤痕であると考えられる。他には土坑や流路を検出した。
Full-Text

http://sitereports.nabunken.go.jp/files/attach/30/30219/21867_1_御殿貯水池南遺跡Ⅱ第5次調査.pdf

Number of accesses :  

Other information