Research Paper 根井沢穴田Ⅳ遺跡発掘調査報告書

北田,勲  ,  中島,康佑  ,  河本,純一  ,  西澤,正晴

(683) 20180309 , 国土交通省東北地方整備局三陸国道事務所 , 公益財団法人岩手県文化振興事業団 , 公益財団法人岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センター
Description
 平成27年度と28年度の2カ年に行った発掘調査である。 平成27年度は、おもに14世紀代における製鉄工房を調査した。製鉄工房は、斜面に構築された竪穴状の工房内に方形を呈する製鉄炉をもつ。炉本体は失われているが、最終操業時の地下構造が良好に残存している。中世前半の製鉄を考える上で貴重な調査となる。 平成28年度の調査は、平成27年度の調査よりも、沢を挟んで一つ南側の尾根となる。尾根頂部から南側斜面にかけてが調査区であるが、この南側斜面を中心に弥生時代後期と考えられる竪穴建物跡5棟を調査している。いずれも規模が小さく、地床炉を中央にもつものである。そのほか縄文時代と想定できる陥し穴状遺構や土坑類を調査している。 また、近現代に相当する家畜を埋葬したと考えられる土坑墓を調査した。馬をはじめとし、牛や犬などの動物遺存体が比較的良好に残存していた。これらは新しい年代とはいえ、埋葬方法など民俗例としても貴重な資料といえる。
Full-Text

http://sitereports.nabunken.go.jp/files/attach/30/30090/21812_1_根井沢穴田Ⅳ遺跡発掘調査報告書.pdf

Number of accesses :  

Other information