研究報告書 国営施設機能保全事業「中勢用水地区」に伴う林上新田遺跡発掘調査報告
こくえいしせつきのうほぜんじぎょうちゅうせいようすいちくにともなうはやしかみしんでんいせきはっくつちょうさほうこく

長谷川,哲也  ,  原田,恵理子

(374) 20171215 , 三重県埋蔵文化財センター , 三重県埋蔵文化財センター
NII書誌ID(NCID):BB25075179
内容記述
安濃川中流域左岸の段丘上に立地する。石器の散布がみられ、縄文時代の遺跡として周知されている。今回、北端部分を調査した結果、溝1条、土坑5基、柱穴とみられるピットを検出した。しかし、削平によって遺存度は良くなく、出土遺物も僅少であったため、いずれの遺構も時期を特定するに至らなかった。
本文を読む

http://sitereports.nabunken.go.jp/files/attach/29/29706/21552_1_国営施設機能保全事業中勢用水地区に伴う林上新田遺跡発掘調査報.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報