研究報告書 宿久庄西遺跡2
しゅくのしょうにしいせき に

藤田,徹也  ,  川村,和子

(69) 20170331 , 茨木市教育委員会 , 茨木市教育委員会
NII書誌ID(NCID):BB2283725X
内容記述
古墳時代後期から飛鳥時代を中心とした遺構・遺物を検出した。主な遺構としては、古墳時代後期の竪穴建物、古墳時代終末期から飛鳥時代の掘立柱建物が挙げられる。遺物は、古墳時代終末期から飛鳥時代の須恵器を中心として、奈良時代から平安時代の遺物も出土している。中でも、須恵器の甕の内外面に布目痕を持つ資料の出土は、当遺跡の須恵器の生産窯を考えるうえで重要な資料である。
本文を読む

http://sitereports.nabunken.go.jp/files/attach/29/29460/21352_1_宿久庄西遺跡2.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報