研究報告書 ヒラシロ遺跡
ひらしろいせき

鈴木,京太郎

20160318 , 浜松市教育委員会 , 浜松市市民部文化財課 , 浜松市天竜区役所まちづくり推進課 , 浜松市教育委員会 , 浜松市市民部文化財課 , 浜松市天竜区役所まちづくり推進課
NII書誌ID(NCID):BB23487619
内容記述
 ヒラシロ遺跡は静岡県浜松市天竜区熊に所在する縄文時代中期後半~後期中葉を主体とする遺跡である。遺跡は傾斜が緩やかな南面した山腹に立地している。遺跡として周知されていなかったが、圃場整備工事中の遺構・遺物が確認されたため、埋蔵文化財包蔵地として登録された。検出された遺構は、石囲い炉1基、土坑1基、小穴12基で、石囲い炉周辺に遺構が集中していることから、竪穴式住居跡が1軒存在したと考えられる。出土遺物は縄文土器と石器で、縄文土器は中期後半の加曽利EⅢ~Ⅳ式、後期初頭の中津式、後期前葉、堀之内Ⅰ~Ⅱ式、後期中葉の加曽利BⅠ式を主体とする。南信地域や関東地方などからの搬入品がみられる点が注目される。 発掘調査後には保存整備事業が行われた。遺構は埋め戻されて復元住居やガイダンス施設が整備されており、現在は史跡公園として公開されている。
本文を読む

http://sitereports.nabunken.go.jp/files/attach/29350/21294_1_ヒラシロ遺跡.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報