研究報告書 くまもとの赤

熊本県教育庁教育総務局文化課

120170805 , 熊本県教育委員会 , 熊本県教育委員会
内容記述
今もなお噴煙を上げる阿蘇の火口に、八代海に浮かぶ神秘の火・不知火(しらぬい)。火にまつわる伝承が数多く残るくまもとは、古来より「火の国」と呼ばれてきました。そんな火の国くまもとでは、豊かな自然とその地形や気候を生かして、たくさんの文化財がつくられてきました。真っ赤に塗られた家の埴輪や朝顔型の埴輪、赤い勾玉や大量のベンガラ…など。くまもとの古墳からあらわれた品々は、まさに火の国くまもとの「赤」をまとった、大自然の芸術品たちです。くまもとの大自然のゆたかな文化力!元気をはぐくむ「くまもとの赤」文化財を心ゆくまでご堪能ください。
本文を読む

http://sitereports.nabunken.go.jp/files/attach/29247/21246_1_くまもとの赤.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報