研究報告書 首里城跡

金城,亀信  ,  宮里,美也子  ,  大城,友理華  ,  仲村,綾乃

(89) 20170331 , 沖縄県立埋蔵文化財センター , 沖縄県立埋蔵文化財センター
内容記述
 昭和61年度に首里城公園計画区内約18haの内、首里城内郭の約4haが国営公園区域として整備することが閣議決定された。復元整備に伴う遺構確認調査は、昭和63年度から内閣府 沖縄総合事務局 国営沖縄記念公園事務所との委託を沖縄県教育委員会が受けて、南殿・北殿・御庭地区などの遺構確認調査を実施し、平成4年度に首里城正殿・南殿・北殿などが復元整備され一部が開園した。 未整備地区であった「京の内」地区の復元整備が課題となり、整備に必要な基礎資料を得る目的で平成6年度から平成9年度までの四カ年間に亘って発掘調査を実施した。その内、報告(平成6年度調査の国の重要文化財が出土した土壙SK01及び石積みSA33・34)済みを除く、平成6年度調査の全ての遺構について報告を行った。今回は平成6年度調査で遺構を6時期に分類した中で、第Ⅴ期(16世紀前半~19世紀後半)の遺構及び遺構周辺から出土した遺物(造成層や攪乱層を含む)の報告をおこなった。
本文を読む

http://sitereports.nabunken.go.jp/files/attach/29/29221/21197_1_首里城跡.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報