Research Paper 黒部遺跡 二ツ石前遺跡
くろべいせき  ふたついしまえいせき
県営中山間総合整備事業に伴う埋蔵文化財発掘調査報告書 信州高山地区

黒岩,隆  ,  福井,優希

(116) 20170322 , 一般財団法人 長野県文化振興事業団 長野県埋蔵文化財センター , 一般財団法人 長野県文化振興事業団 長野県埋蔵文化財センター
NCID:BB23443158
Description
両遺跡とも、樋沢川扇状地に立地し、調査地点は黒部遺跡が樋沢川扇状地の扇頂部、二ツ石前遺跡は扇央部にあたる。調査の結果、扇状地形成時の河道変動による起伏がとらえられたが、扇頂部や扇央部は水が得にくい場所とされ、調査地点は古代の人々が集落を営むには適しない地であった。一方で、縄文時代や古代の土器や石器がわずかに出土したことは、当時の人びとが一時的にこの地を訪れた痕跡の確認にはなろう。 今回の成果は、遺構がなく、遺物も希薄であったとはいえ、当地における扇状地利用のあり様を考えるうえで貴重な調査例であったと考えている。
Full-Text

http://sitereports.nabunken.go.jp/files/attach/26504/19387_1_黒部遺跡二ツ石前遺跡.pdf

Number of accesses :  

Other information