研究報告書 加茂市指定史跡加茂城跡
かもじょうあと
測量・確認調査報告書

伊藤,秀和

(28) 20160630 , 加茂市教育委員会 , 加茂市教育委員会 社会教育課
NII書誌ID(NCID):BN13462591
内容記述
加茂城跡は加茂川左岸で標高約102mの丘陵頂部に位置する戦国時代の山城跡である。眼前に加茂川を望み、水陸交通の要衝を押さえた立地環境にある。山城のほとんどは大字加茂字要害にある。周辺には根子屋、根古屋などの字名が残る。縄張りは南北方向約400m×東西方向約420mの範囲で確認される市内屈指の大規模な城郭である。主な遺構は大小さまざまな曲輪50以上、箱堀主体の堀切9、通路2などである。中世陶器、輸入陶磁器、和鏡、石臼などが表面採集されている。
本文を読む

http://sitereports.nabunken.go.jp/files/attach/23162/17044_1_加茂市指定史跡加茂城跡.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報