研究報告書 石岸遺跡
いしぎしいせき

樋上,昇  ,  鬼頭,剛  ,  蔭山,誠一  ,  川添,和暁  ,  佐々木,由香  ,  バンダリ,スダルシャン  ,  小林,克也  ,  井上,巌

(195) 20150331 , 公益財団法人 愛知県教育・スポーツ振興財団 愛知県埋蔵文化財センター , 公益財団法人 愛知県教育・スポーツ振興財団 愛知県埋蔵文化財センター
NII書誌ID(NCID):BB18331993
内容記述
豊川中流域の右岸に位置する7 世紀後半~11 世紀の集落。A 区は自然流路・溝・竪穴建物・掘立柱建物からなり、B 区は分厚い整地層の上に建てられた掘立柱建物のみ。なかでも8 世紀後半の総柱建物2 棟は、柱掘り方の一辺が1m を超える巨大なもので、一般集落よりも官衙的な機能が想定される。
本文を読む

http://sitereports.nabunken.go.jp/files/attach/20077/14885_1_石岸遺跡.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報