研究報告書 平成25年度安曇野市埋蔵文化財発掘調査報告書
へいせい25ねんどあづみのしまいぞうぶんかざいちょうさほうこくしょ
穂高古墳群G1号墳(上原古墳)第3次・第4次発掘調査

山下,泰永  ,  土屋,和章

(8) 20150331 , 安曇野市教育委員会 , 安曇野市教育委員会
NII書誌ID(NCID):BA9113830XBB1887007X
内容記述
 上原古墳第3次・第4次発掘調査は、上原古墳の保存整備と墳丘及び石室の実測図作成を目的として実施された。この調査の結果、石室内からの出土遺物はなかったが、墳丘裾北西、前庭部及び前庭部西、墳丘裾東の3箇所から故意に割られたと考えられる土器破片がまとまって出土した。これらの土器片には昭和5年(1930)に実施された第1次調査出土土器と接合したものもある。また、第3次・第4次調査で出土した金属製品の保存処理を実施し、処理後の遺物も本書に掲載した。これらの出土遺物の検討から、上原古墳は7世紀前半に築造され、8世紀初めまで数回の追葬が行われたと考えられる。
本文を読む

http://sitereports.nabunken.go.jp/files/attach/19693/14562_1_平成25年度安曇野市埋蔵文化財発掘調査報告書.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報