Departmental Bulletin Paper 当院で経験したCrowned dens症候群46症例の検討

坂口, 拓夢  ,  吉田, 常恭  ,  松浦, 優  ,  津村, 明子  ,  大西, 貴久  ,  飯島, 健太  ,  駒井, 翼  ,  西脇, 聖剛  ,  神谷, 亨  ,  藤村, 幹彦  ,  久保, 聡一

27pp.43 - 46 , 2016-03-31 , 洛和会ヘルスケアシステム
ISSN:1341-1845
NCID:AN10556475
Description
Crowned dens症候群(CDS)は、環軸関節に生じる偽痛風であり、急性発症の頸部痛、頸部の著しい可動域制限、頸椎CTにおける軸椎歯突起周囲の石灰化を特徴とする症候群である。CDSの臨床的特徴を明らかにするために、2009年3月から2015年8月にかけて当院で経験したCDSの46症例について後方視的検討を行った。平均年齢は78.6歳、男女比は1:2.5で女性に多い傾向があった。38.0℃以上の発熱を認めた症例は13例(28%)であり、頸部の可動域制限は91.3%に認め、回旋制限78.3%、前後屈制限67.4%、側屈制限56.5%であった。治療はNSAIDsによるものが82.6%、prednisoloneを併用した症例が17.4%あった。症状の改善までに要した平均日数は9.45日であった。社会の高齢化が進行する中、頸部痛の鑑別診断にCDSを入れることが重要であると考えられた。(著者抄録)
Full-Text

http://kintore.hosplib.info/dspace/bitstream/11665/1486/1/26012MJ2711.pdf

Number of accesses :  

Other information