紀要論文 ALPアイソザイム測定が診断の決め手となった成人の一過性高ALP血症の1例

米本, 仁史  ,  上田, 剛士

27pp.31 - 34 , 2016-03-31 , 洛和会ヘルスケアシステム
ISSN:1341-1845
NII書誌ID(NCID):AN10556475
内容記述
一過性高アルカリホスファターゼ(ALP)血症(transient hyperphosphatasemia)は肝疾患や骨疾患のない小児に好発し、数ヵ月以内に自然軽快する異常な高ALP血症であり、ウイルス感染に伴う肝型ALPの過剰なシアル化が原因と考えられている。電気泳動では肝型ALPの陽極寄り(fast α2位)に異常なバンドを認め、これはデンシトグラムでは肝型ALPが陽極寄りに偏倚した所見となる。高ALP血症の鑑別においては、本疾患を念頭にALPアイソザイム検査を行うことで、過剰な検査や診療を避けることが期待できる。(著者抄録)
本文を読む

http://kintore.hosplib.info/dspace/bitstream/11665/1483/1/26012MJ2708.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報