Departmental Bulletin Paper 内頚部型粘液性境界悪性腫瘍(EMBT)3期の一例

藤本, 真理子  ,  東山, 希実  ,  川村, 明緒  ,  砂田, 真澄  ,  佐々木, 聖子  ,  堀江, 克行

22pp.26 - 29 , 2015-12 , 三菱京都病院
ISSN:1342-7520
NCID:AA11598989
Description
卵巣の内頚部型粘液性境界悪性腫瘍(Endocervical-like Mucinous Borderline Tumor:EMBT)は比較的、予後良好とされているが悪性腫瘍との鑑別が難しく、術前に診断することは困難なことが多い。比較的若年発症であるため、妊孕性温存希望であることも多く、治療方針も苦慮することがある。症例は32歳挙児希望のある女性で、下腹部腫瘍にて紹介された。画像診断では悪性腫瘍の破裂による癌性腹膜炎が疑われたが、術中迅速診断では境界悪性にて腫瘍摘出術のみ施行。術後の病理診断では悪性腫瘍と診断。その後他施設にて再度境界悪性(EMBT)と診断された。病理診断が難しかったEMBT3期の1例を報告する。【著者抄録】
Full-Text

http://kintore.hosplib.info/dspace/bitstream/11665/1454/1/26015_vol22_p26-29.pdf

Number of accesses :  

Other information