紀要論文 慢性関節リウマチでメトトレキサート長期内服中に発症したびまん性大細胞型B細胞リンパ腫の一例

菊地, 綾子  ,  平本, 秀二  ,  吉岡, 亮  ,  京極, 方久  ,  鶴山, 竜昭

22pp.18 - 22 , 2015-12 , 三菱京都病院
ISSN:1342-7520
NII書誌ID(NCID):AA11598989
内容記述
【症例】77歳男性。関節リウマチ(RA)の診断で約7年前よりメトトレキサート(MTX)を内服していた。上部消化管内視鏡で腫瘍性病変を認めPET-CTでも同部位の集積を認め病理生検でびまん性大細胞型B細胞性リンパ腫と診断。MTX関連リンパ増殖性疾患を疑いMTX内服を中止したところ、1カ月後の内視鏡所見で病変の明らかな改善を認め現在も増悪なく経過観察を継続。【考察】MTX使用中のRA患者にリンパ増殖性疾患が発生することは知られており、リンパ節腫大などをきたす場合は積極的に生検を行い診断確定する必要がある。約1/3がMTXの休薬で寛解に至るという報告がありMTXの休薬と慎重な経過観察が望ましい。【著者抄録】
本文を読む

http://kintore.hosplib.info/dspace/bitstream/11665/1452/1/26015_vol22_p18-22.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報