Departmental Bulletin Paper 透析患者における2種の皮膚灌流圧測定装置の比較

山村, 純基  ,  篠原, 智誉  ,  今井, 美穂  ,  二谷, たか枝  ,  阿部, 竜晴  ,  清水, 広大  ,  岡林, 尚志  ,  竹鼻, 良太  ,  木原, 彩希  ,  田中, 浩一  ,  大河内, 元仁  ,  山田, 耕平  ,  山田, 敬文  ,  高橋, 亮太  ,  仲田, 昌司

22pp.13 - 15 , 2015-12 , 三菱京都病院
ISSN:1342-7520
NCID:AA11598989
Description
末梢動脈閉塞性疾患(PAD)対する血流評価として皮膚灌流圧(SPP)測定が広く用いられている。今回、当院の維持透析患者を対象にPAD3000とSRPPモニターセットのSPP値の比較検討を行った。両装置における各測定部位において有意な相関を持つといえるが、SRPPの方が各測定部位において高値を示す傾向となった。これは各装置から照射されるレーザーの到達度に違いがあるためだと考えられた。よって診断装置としてSRPPはPAD3000の基準値を用いるのではなく、SRPP独自の設定をすべきと考えられる。今後はSRPPのPAD治療における有用性を検討していきたい。
Full-Text

http://kintore.hosplib.info/dspace/bitstream/11665/1451/1/26015_vol22_p13-15.pdf

Number of accesses :  

Other information