Departmental Bulletin Paper 蜂刺症後にAlcaligenes faecalisによる皮下膿瘍を形成した一例

前田, 遥  ,  上田, 剛士  ,  小嶌, 祐介  ,  森川, 暢  ,  吉田, 雄介  ,  上田, 佳孝  ,  森岡, 繁文

26pp.44 - 46 , 2015-03-31 , 洛和会ヘルスケアシステム
ISSN:1341-1845
NCID:AN10556475
Description
左側頸部を蜂にさされ、同部位に発赤・熱感・疼痛・腫脹が出現し、その2時間後から発熱・全身倦怠感が出現した。以後症状が持続するため第12病日に当院外来を受診した。病変部は圧痛・硬結を触れ、蜂刺後の二次感染症と考えセファレキシン内服を開始した。その後症状が悪化し入院加療を開始した。入院時にはエコーで膿瘍を認めなかったが、穿刺し少量の漿液を採取し培養に提出した。入院後セファゾリンを点滴投与したが改善は乏しく、アンピシリン/スルバクタムに変更した。その後膿瘍化したため切開排膿した。入院時の培養からAlcaligenes faecalisが同定され、蜂刺症後の二次感染症と判断した。有効な抗菌薬で合計20日間治療を行い治癒した。(著者抄録)
Full-Text

http://kintore.hosplib.info/dspace/bitstream/11665/425/1/26012MJ2611.pdf

Number of accesses :  

Other information