Departmental Bulletin Paper リハビリテーション再考 高齢者のリハビリテーションに焦点を当てて

中村, 重信  ,  田中, 尚

26pp.1 - 11 , 2015-03-31 , 洛和会ヘルスケアシステム
ISSN:1341-1845
Description
近年のリハビリテーションの技術的進歩は看過できないものがある。医療もiPS細胞による治療への応用など、画期的な治療法が進歩しているが、リハビリテーションの分野でも、ロボットの実用化など、新しい方法の導入が始まっている。最近、脳卒中回復期~慢性期の治療はリハビリテーションが主な役割を演じており、その代表的な例として、リハビリテーションによる長嶋茂雄氏の顕著な機能回復が挙げられる。リハビリテーションは様々の新しい手法が取り入れられ、医師もリハビリテーションの新しい技法などについて、十分配慮する必要ができてきた。近年、高齢者がリハビリテーションを受ける機会が多いため、高齢者へのリハビリテーションの注意点についても配慮が必要である。また、新しい技術などの導入に際しての臨床試験に関する知識も大切である。リハビリテーションはチーム医療であるため、それに関係するスタッフが各々の専門技術をどのように結集するかが結果の成否に影響するため、組織化も大切な課題である。(著者抄録)
Full-Text

http://kintore.hosplib.info/dspace/bitstream/11665/330/1/26012MJ2604.pdf

Number of accesses :  

Other information