Departmental Bulletin Paper サミュエル・H・キタムラ氏インタビュー : 米国民政府制作映像や映画とのかかわりを中心に

名嘉山, リサ  ,  なかやま, りさ  ,  Nakayama, Risa  ,  沖縄工業高等専門学校 総合科学科

Description
サミュエル・H・キタムラ氏は、1959年から1972年の沖縄の本土復帰まで、琉球列島米国民政府(USCAR)の広報局に勤務された。広報局の文化事業課(Cultural Affairs Division)に配属され、初めは先島(宮古・八重山)の琉米文化会館の担当官であったが、後に沖縄本島に転任、後年は文化事業課の役職と視聴覚課の課長を兼任し、視聴覚課制作のテレビ番組に出演することもあった。本インタビューでは、主に、米国の職員として民政府広報局の活動に携わったご経験を、キタムラ氏が出演したテレビ番組の映像素材を見ながら語っていただいた。インタビューは2016年9月13日にカリフオルニア州トーランスで行われた。
Full-Text

http://okinawa-repo.lib.u-ryukyu.ac.jp/bitstream/20.500.12001/22247/1/No12p21.pdf

Number of accesses :  

Other information