Departmental Bulletin Paper 情報検索・資料収集方法の実態とその課題 : リポート・卒業研究・卒業論文作成における
The Actual Situation and the Challenges of Information Retrieval and Data Collection : In the Case of Papers, Graduation Reseach and Graduation Thesis

網谷, 厚子  ,  新里, 牧  ,  嘉陽, 千秋  ,  Amitani, Atsuko  ,  Sinzato, Maki  ,  Kayou, Chiaki  ,  総合科学科  ,  Department of Integrated Arts and Sciences  ,  General Affairs Division, Library Section

10pp.63 - 75 , 2016-03-30 , 沖縄工業高等専門学校 , National Institute of Technology, Okinawa College
平成27年9月末から10月初めにかけて,本校5年生全員を対象とした「研究論文・リポート課題等における検索システムのアンケート」を実施した。そのアンケート結果から,図書館の利用について,61%の学生はあまり利用していない実態が明らかとなった。また,本校に導入している「電子情報システム」においては,「全く利用されていない」か「ほとんど利用されていない」ものは,「WebcatPlus」「MathSciNet」「JapanKnowledge」「理科年表プレミアム」など多数あることがわかった。「CiNii Books」「CiNii Articles」「ScienceDirect」も,半数以上の学生が「全く利用したことのない」と回答した。この結果の考察を踏まえ,本校の図書館の利用を促進し,「電子情報システム」の活用を進めるための課題を明らかにし,学生のための図書館,「電子情報サービス」の構築を目指すものである。
We carried out the questionnaire of the system of information retrieval in a thesis and papers to the 5th year students from September through the beginning of October in 2015. From the results of this questionnaire, it was clear that 61% of students did not use the library very much. As for the electronic information systems in our library such as “WebcatPlus”“MathSciNet”“JapanKnowledge” “A science chronological table premium”, they were hardly used or they were not used at all. More than half of the students have never used “CiNii Books”“MathSciNet” “ScienceDirect”. In this paper ,we consider what we shall do to drive the students to use “the electronic information system” on the basis of the results cited above. Moreover, we promote our student,use of the library, and try to construct“the electronic information service” for the students.

Number of accesses :  

Other information