Journal Article 質的データ分析のビジュアル・デザイン : グラウンデッド・セオリー・アプローチにおける分析プロセス再考
Visual design of qualitative data analysis : Reconsideration of Grounded Theory Approach

立石, 祥子  ,  Shoko, TATEISHI  ,  名古屋大学大学院国際言語文化研究科  ,  Graduate School of Languages and Cultures, Nagoya University

Description
本研究は,グランデッド・セオリー・アプローチ(GTA)をめぐって,質的データを分析する段階におけるデータ<図化>の重要性を示すことを目的としている。GTAは,人がものごとを見る位置によって情報が変わるという「視差」の存在が方法論的前提にある。同時に,インフォーマントの視差を利用し一つの現実としてある文化現象を理解しようとするならば,そこには一定の文脈を見出さなければいけない。したがってこの方法は,人々の体験を重ね合わせることで,その現実とは何かという問いを客観的に明らかにしようとする。他方で,この手法が質的なデータをもとにするにもかかわらず,厳密な調査方法の規定と最終的に得られたカテゴリーと概念の量的な提示によって,人々の「生きられた経験」の輝きが消えてしまうのではないか,という批判もある。この問題を解決するために,本研究では,ビジュアル・デザイン思考をGTAに採りいれることを提案する。図化の導入により,全てを一定の視点から見ようとする遠近法的な解釈を逃れ,個々のデータを部分的には透視図として捉えつつも,全体としては鳥瞰図の体を成す,大和絵の構図によって分析そのものを捉えることが可能になる。
This study aims to show the importance of <visual mapping> in the qualitative data analysis process, perhaps in grounded theory approach. GTA includes a parallax as a methodological premise that people see different information from different positions. Researchers must also find a particular context when attempting to understand a culture as one reality to make use of the informant's parallax. This method intends to answer the question of what reality is by overlaying the informant's experiences from inside the reality in an objective way. There is criticism toward this method despite the use of qualitative data, rigorous methodological rule, and quantitative presentation of final obtained categories and concepts, which extinguish the brightness of the informant's lived experiences. To solve this problem, this paper will embrace visual design thinking to GTA. By embracing <visual mapping>, it is possible to not use the perspective that sees everything from single point of view, but combines visuals like a Yamato-e painting-a partial perspective for individual data and a birds-eye view for whole understanding of one reality.
Full-Text

https://projects.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=315697&item_no=1&attribute_id=21&file_no=1

Number of accesses :  

Other information