Journal Article コスト構造と企業リスク : 近年の理論・実証研究からの示唆
Cost Structure and Firm Risk : Implications from Recent Theoretical and Empirical Studies

椎葉, 淳  ,  Atsushi, Shiiba  ,  大阪大学大学院経済学研究科  ,  Graduate School of Economics, Osaka University

Description
企業価値は将来キャッシュ・フローとともに企業リスクを反映した割引率によって決まる.近年,企業のコスト構造が企業リスクと密接に関連していることを指摘する理論・実証研究が増加してきている.本稿では,このようなコスト構造と企業リスクに関する研究を概観し,特に経営者インセンティブの観点から,企業リスクを考慮したコスト構造に関する管理会計研究を進めることが重要であることを指摘する.また経営者インセンティブを考慮したコスト構造に関する研究例として,非対称的なコスト・ビヘイビアに関する実証研究,特に非対称的なCVPモデルについて説明する.最後に,経営者インセンティブの重要性を前提にすると,生産関数としての企業理論とエージェンシー理論とを統合するような企業理論が,コスト構造と企業リスクの関係を考察するための基礎理論として重要であると考えられることを指摘する.
Firm value is determined by the future free cash flow and the discount rate that reflects the firm risks. Recent studies reveal that a firm's cost structure is closely linked to its risk. This study discusses the association between a firm's cost structure and risk, and highlights the importance of focusing on management incentives to examine these cost structures in management accounting. Further, I examine empirical literature on asymmetric cost behavior, especially regarding the asymmetric CVP model, in which management incentives serve as key factors in studying cost structures. Finally, I suggest that the theory of the firm as the cost function and agency-theory model should be analyzed in a unified framework.
Full-Text

https://projects.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=315084&item_no=1&attribute_id=21&file_no=1

Number of accesses :  

Other information