学術雑誌論文 日本企業におけるコストの反下方硬直性
Cost Anti-stickiness in Japanese Firms

北田, 智久  ,  Tomohisa, Kitada  ,  神戸大学大学院経営学研究科博士課程後期課程  ,  Graduate School of Business Administration, Kobe University

内容記述
本稿は,日本企業におけるコスト・ビヘイビアの非対称性について分析する.具体的には,日本企業におけるコストの反下方硬直性に関して,Banker et al.(2014)の分析枠組みを用いて分析する.すなわち,売上高が増加する際のコストの増加率に比べて,同額の売上高の減少の際のコストの減少率の方が大きいという現象が観察されるかどうかを検証する.分析の結果,日本企業の売上高と販管費の間には,下方硬直性と反下方硬直性の両方が観察された.さらに,分析期間を拡張すると,下方硬直性と反下方硬直性が観察されるのは,それぞれ過去の売上高が連続した増加または減少傾向を示すときのみであるということがわかった.また,前期に売上高が減少する場合よりも,前期に売上高が増加する場合,今期の売上高の増加の程度を所与とすると販管費は平均してより大きく増加する.さらに,Banker et al.(2014)を拡張して,業種ごとのコスト・ビヘイビアを分析すると,販管費の反下方硬直性が観察されない業種が存在することがわかった.
This paper investigates asymmetric cost behavior in Japanese firms. Particularly, I examine cost anti-stickiness in Japanese firms following research conducted by Banker et al. (2014). I document whether a magnitude of a decrease in costs associated with a decrease in sales is greater than a magnitude of an increase in costs associated with an equivalent increase in sales. The results show that in Japanese firms, current Selling, General and Administrative Costs are sticky conditional on a prior sales increase and anti-sticky conditional on a prior sales decrease. Furthermore, Japanese firms have sticky and anti-sticky behavior only when prior periods show a trend of continuous increases or decreases in sales, respectively. For a given magnitude of a current sales increase, costs rise to a greater extent on average following a prior sales increase than following a prior sales decrease. I examine cost stickiness and anti-stickiness in three industries and find observation of cost anti-stickiness is industry-dependent.
本文を読む

https://projects.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=315068&item_no=1&attribute_id=21&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報