学術雑誌論文 海氷生産量のグローバルマッピング及び深層水形成域の特定と変動解明(2014年度日本海洋学会岡田賞受賞記念論文)
Global mapping of sea ice production, specification of bottom water formation areas, and clarification of their variability(The Paper for the 2014 Okada Prize of the Oceanographic Society of Japan)

田村, 岳史  ,  Takeshi, TAMURA  ,  国立極地研究所:総合研究大学院大学  ,  National Institute of Polar Research:The Graduate University for Advanced Studies:Antarctic Climate & Ecosystems Cooperative Research Centre, University of Tasmania

24 ( 3 )  , pp.109 - 131 , 2015-05-15
ISSN:21863105
NII書誌ID(NCID):AN10382760
内容記述
高緯度域における海氷生産およびそれに伴う高密度水生成は,海洋熱塩循環の主要な駆動力の1つであり,これによって大気と海洋中深層との熱・物質交換が行われている。本研究は,薄氷(ポリニヤ)域の氷厚分布を衛星データから検出して熱収支計算を行うことによって,両極での海氷生産量分布を初めて求めたマッピング手法とその成果の概略を示している。このマッピングはまた,今までよくわかっていなかった海氷域での表面熱塩フラックス条件を与えている。さらにこのマッピングから,東南極のダンレー岬ポリニヤでの海氷生産量がロス海沿岸ポリニヤに次いで2番目に高いことが明らかになり,これが南極底層氷の第4の源である可能性も示唆された。
The sinking of dense water in the polar oceans plays a key role in global thermohaline circulation, leading to heat and material exchange between the atmosphere and deep ocean. This study gives the first mapping of sea ice production in the both polar oceans, based on heat-flux calculation with ice thickness data derived from satellite data. The Cape Darnley polynya in East Antarctica is found to be the second highest production area, suggesting a possible AABW formation area. This mapping will provide new information with which to validate coupled ice-ocean models while providing important boundary conditions for the various models.
本文を読む

https://projects.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=47287&item_no=1&attribute_id=21&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報