学術雑誌論文 日本によるアジアにおける海洋研究 : WESTPAC設立25年の活動を中心に
Japanese research activities for Asian marine science : 25 years of WESTPAC

安藤, 健太郎  ,  岩滝, 光儀  ,  植松, 光夫  ,  大野, 浩史  ,  北沢, 一宏  ,  小松, 輝久  ,  鈴木, 敏之  ,  勢田, 明大  ,  西田, 周平  ,  福代, 康夫  ,  松野, 健  ,  道田, 豊  ,  森本, 昭彦  ,  Kentaro, Ando  ,  Mitsunori, Iwataki  ,  Mitsuo, Uematsu  ,  Hiroshi, Ohno  ,  Kazuhiro, Kitazawa  ,  Teruhisa, Komatsu  ,  Toshiyuki, Suzuki  ,  Akihiro, Seta  ,  Shuhei, Nishida  ,  Yasuwo, Fukuyo  ,  Takeshi, Matsuno  ,  Yutaka, Michida  ,  Akihiko, Morimoto  ,  海洋研究開発機構  ,  東京大学  ,  東京大学大気海洋研究所  ,  気象庁  ,  海洋研究開発機構  ,  東京大学大気海洋研究所  ,  (独)水産総合研究センター中央水産研究所  ,  海上保安庁  ,  東京大学大気海洋研究所  ,  東京大学  ,  九州大学  ,  東京大学大気海洋研究所  ,  愛媛大学沿岸環境科学研究センター  ,  Japan Agency for Marine and Earth Science and Technology  ,  University of Tokyo  ,  Atmosphere and Ocean Research Institute of the University of Tokyo  ,  Japan Meteorological Agency  ,  Japan Agency for Marine and Earth Science and Technology  ,  Atmosphere and Ocean Research Institute of the University of Tokyo  ,  Japan Fishery Agency  ,  Japan Coast Guard  ,  Atmosphere and Ocean Research Institute of the University of Tokyo  ,  University of Tokyo  ,  University of Kyushu  ,  Atmosphere and Ocean Research Institute of the University of Tokyo  ,  Center for Marine Environmental Studies of Ehime University

24 ( 3 )  , pp.79 - 108 , 2015-05-15
ISSN:21863105
NII書誌ID(NCID):AN10382760
内容記述
本総説では日本の視点から,IOC(政府間海洋学委員会)の地域の小委員会として設立されたWESTPAC(西太平洋に関する政府間地域小委員会)の設立前から設立に至る経緯として,その切掛けとなったCSK(黒潮共同研究,1965年~1979年)とIOC下での地域プログラムとしてのWESTPACプログラム(1979年~1989年),小委員会設立後の発展(1989年~現在)について,関連する内外の科学プロジェクトも含めて総括する。加えて,現状の体制やそれに関連する科学的活動を総括し,アジアにおける将来の海洋学の展望と日本が貢献するべき点について議論する。
This paper reviews the history of the Intergovernmental Oceanographic Commission (IOC) Sub-Commission for the Western Pacific (WESTPAC), which includes pre-WESTPAC as a Cooperative Study of the Kuroshio and Adjacent Regions (CSK) project (1965-1979), WESTPAC program under IOC (1979-1989), and WESTPAC after establishment of the sub-commission (1989-present), based on an aspect of Japanese community. This paper also reviews the current system and research activities under and associated with WESTPAC and discusses future perspectives on coastal to regional ocean researches in the Indo-Pacific regions.
本文を読む

https://projects.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=47286&item_no=1&attribute_id=21&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報