Journal Article 航空輸送からみた九州における地域間交流人口の動向に関する研究

田村, 一軌  ,  坂本, 博

Description
本研究では,地域活性化の手段としての交流人口に焦点を当て,地域間交流人口の動向を分析する。地域間交流人口を正確に計測する手段は限られることから,本研究においては比較的正確だと考えられる航空旅客輸送のデータを用いる。航空旅客の状況から,地域間交流の状況を分析する。全国的な傾向として東京との間の旅客数は増加傾向にあるが,九州と大阪との間の旅客数は減少している。これは九州新幹線の開業が大きな影響を与えていると考えられる。一方で,北九州空港と佐賀空港の利用者数は少なく,将来のポテンシャルは高いといえる。地域活性化に関連した政策についていえば,旅客数を増加させることが重要である。東京都の路線を拡大することだけでなく,他の国内路線を開設することも必要である。
Full-Text

https://agi.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=156&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

Number of accesses :  

Other information