紀要論文 エビデンスとナラティヴの関係 : 高齢者ケア専門職の実践知を安全管理に反映させるための検討
Relationship of evidence and narrative : A study reflecting the practical knowledge of elderly care professionals in safety management

村山, 明彦  ,  むらやま, あきひこ  ,  Akihiko, MURAYAMA

内容記述
近年,医療専門職の経験・勘などの実践知を,科学的に検討する研究が増加しつつある。しかし,高齢者ケア専門職の実践知を検討した研究は少ない。そこで,高齢者ケア専門職の実践知を言語化(ナラティブの概念化)して,他の高齢者ケア専門職とこれらの概念を共有・蓄積(エビデンスの概念化)することは,高齢者ケアの現場での方法論として有益なツールになると推察した。本研究では,高齢者ケア専門職の実践知を, 日々の安全管理に反映させるために必要な知見を提言することを目的とした。本研究は文献研究である。本研究の目的を遂行するために,以下の手順で論を展開した。まず,先行研究を踏まえ,本研究における実践知を定義するための理路を提示した。次に,エビデンスとナラティブに関する先行研究からの知見を援用した。そして,これらの結果を統合して安全管理に反映させるための提言を行った。今後は,今回の提言を高齢者ケアの現場で検証していくことが必要である。
Studies to scientifically examine practical knowledge such as experience and intuition of healthcare professionals have been increasing in recent years. Verbalizing practical knowledge of elderly care professionals (called concept of narrative) as well as sharing and compiling the practical knowledge with other elderly care professionals (called concept of evidence) may become valuable tools for elderly care settings. The present study, based on a literature review, examined the factors required for reflecting practical knowledge of elderly care professionals in daily safety management. In order to achieve the objectives of this study, l conducted a discussion in the following order: showing a method to define practical knowledge based on previous work, examining the relationship among practical knowledge, evidence, and narrative, and providing recommendations that reflect all the above results in safety management. In the future, it will be necessary to investigate these recommendations in elderly care settings.
本文を読む

https://phoenix.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=1219&item_no=1&attribute_id=18&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報