紀要論文 戦後朝鮮華僑の職業に関する考察(1945-1958)

宋, 伍強  ,  Wuqiang, SONG

内容記述
第二次世界大戦後、北朝鮮では社会主義建設に向けて、土地改革を皮切りにさまざまな政策が行われたが、これらの政策は朝鮮に居住する華僑にも適用された。本稿では、第二次世界大戦後東アジアにおける冷戦体制の確立と朝鮮戦争、および1954年以降展開された朝鮮の協同化政策を切り口とし、これらの外的要因によって、近代開港期から続いた朝鮮華僑の職業形態が断絶を余儀なくされた過程について、中国側の档案資料と朝鮮華僑への訪問調査などを用いて明らかにしている。
After World War Ⅱ,North Korea has implemented a series of economic policies aimed at socialist development, including land reform that have influenced the Overseas Chinese in North Korea. This paper focuses on the analysis of the Cold War pattern gradually set up in East Asia after World War Ⅱ, the Korean War, and the cooperation policy implemented in North Korea from 1954, based on relevant archives in China and interviews with North Korean Overseas Chinese returnees, to study the discontinuity of the occupation form of the Overseas Chinese in North Korea due to external economic and political changes after North Korea opened its doors in modern times.
本文を読む

https://kobe-c.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=5507&item_no=1&attribute_id=45&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報