紀要論文 酢酸およびアンモニアの電離平衡の移動に関するマイクロスケール実験で使用する酸塩基指示薬溶液の濃度に関する考察―メチルオレンジ水溶液およびフェノールフタレイン溶液の有効濃度―

中川, 徹夫  ,  Tetsuo, NAKAGAWA

内容記述
酢酸水溶液に少量の酢酸ナトリウムを添加すると電離平衡が移動する。これは、水溶液に添加したメチルオレンジの色調が赤色から橙色に変化することにより確認できる。また、アンモニア水に少量の塩化アンモニウムを添加しても、電離平衡が移動する。これは、水溶液に添加したフェノールフタレインの色調が赤色から無色または淡桃色に変化することにより確認できる。酢酸やアンモニアの電離平衡の移動に関するマイクロスケール実験では、使用する水溶液量が僅少のため、メチルオレンジやフェノールフタレインのような酸塩基指示薬の量を減少させる必要がある。そこで、市販の0.1W/V%メチルオレンジ水溶液や1.0W/V%フェノールフタレイン溶液およびそれらを5倍、10倍、20倍に希釈して調整した溶液を用いて、マイクロスケール実験の手法による電離平衡の移動を確認した。その結果、今回のマイクロスケール実験では、メチルオレンジ水溶液では10倍に希釈した0.01W/V%水溶液でも、フェノールフタレイン溶液では20倍に希釈した0.05W/V%溶液でも有効であった。
Adding a little solid sodium acetate to an aqueous acetic acid solution causes the displacement of ionization equilibrium as confirmed by the color change of aqueous methyl orange solution from red to orange. Adding a little ammonium chloride to an aqueous ammonia solution also confirms the displacement of ionization equilibrium by the color change of phenolphthalein solution from red to colorless or pale pink. The amount of acid-base indicators such as methyl orange and phenolphthalein must be reduced in microscale expriments on the displacement of ionization because of the need to limit the amount of aqueous solution of acetic acid and ammonia. Therefore, commercial 0.1 W/V % aqueous methyl orange, 1.0 W/V % phenolphthalein solutions, and their diluted solutions by 5,10, and 20 times using their solvents were used in this expriment on the displacement of ionization equilibrium. Even the 0.01 W/V % aqueous methyl orange solutions (diluted by 10 times) and 0.05 W/V % phenolphthalein solutions (diluted by 20 times) were effective for aqueous acetic acid and ammonia solutions respectively in this microscale experiment.
本文を読む

https://kobe-c.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=5505&item_no=1&attribute_id=45&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報