紀要論文 成人におけるデートDVの実態とダメージの認知 : 依存的恋愛観と暴力容認傾向との関連

松並, 知子  ,  赤澤, 淳子  ,  井ノ崎, 敦子  ,  上野, 淳子  ,  青野, 篤子  ,  Tomoko, MATSUNAMI  ,  Junko, AKAZAWA  ,  Atsuko, INOSAKI  ,  Junko, UENO  ,  Atsuko, AONO

内容記述
500名の成人の未婚者を対象にインターネット調査を実施し、ダメージの認知を含むデートDV被害・加害経験の実態を検討した。またデートDVの背景には、恋人に依存したり、支配・束縛することを当然と考える「依存的恋愛観」があると考えられるので、依存的恋愛観の項目を作成し、依存的恋愛観や暴力容認傾向と被害・加害経験およびダメージの認知との関連についても検討した。その結果、男女差については、暴力容認傾向は男性の方が有意に高かった。被害・加害経験との関連では、男女ともに、被害・加害経験がある人は、依存的恋愛観や暴力容認傾向がより高い傾向が示された。また依存的恋愛観が高い人は精神的暴力を受けた際、暴力のダメージを低く認知していた。本研究では、被害・加害経験があったとしてもそのダメージを低く認知している人の存在が示唆されたため、今後は潜在的な被害・加害経験を掘り起こすような研究が必要である。またデートDVの要因となっている依存的恋愛観を考慮した予防教育が重要である。
An online survey of 500 unmarried adults was conducted to examine the reality of dating violence. In particular,we focused on the association between possessive relationships, violence acceptance, and the understanding of damage resulting from violence. Although a possessive relationship is said to influence dating violence the youth tend to believe in such possessiveness in relationships and depend on and control their partners. The results revealed that men are involved in possessive relationships and violence acceptance more than women. With regard to violence, both women and men who expressed and received aggression were involved in possessive relationships and violence acceptance more than those who did not express or receive aggression. In addition, both men and women involved in possessive relationships tend to estimate lesser damage resulting from assaults when they receive psychological violence. In conclusion, we need to investigate potential violence and develop dating violence prevention programs that take into consideration possessive relationships in the future.
本文を読む

https://kobe-c.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=5504&item_no=1&attribute_id=45&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報