紀要論文 国際商事仲裁判断の承認及び執行の拒否要件に関する展開

楊, 曄

64 ( 1 )  , pp.153 - 166 , 2017-06-17
内容記述
国際商事仲裁判断の承認・執行に関する拒否事由を規定した最初の条約は、ジュネーブ条約である。しかし、ジュネーブ条約の規定では、申立人に対し厳しい挙証責任を課しているため、裁判の過程において申立人に不利が及ぶ恐れを排除できなかった。この問題点はその後ニューヨーク条約の規定により、大幅に修正され、現在では、世界のほとんどの国が当該条約に署名している。その結果国際商事仲裁裁判の承認及び執行において、申立人の挙証責任問題は解消されたと考えられる。さらに、UNCITRALモデル法の誕生をきっかけにして、これを国内法化する国が増加しつつあるため、国際商事仲裁判断の承認及び執行は一層容易になっている。
本文を読む

https://kobe-c.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=5470&item_no=1&attribute_id=45&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報