紀要論文 戦後日本における華僑組織に関する考察―神戸中華青年会の設立と初期活動を中心に―

宋, 伍強  ,  Wuqiang, SONG

64 ( 1 )  , pp.63 - 77 , 2017-06-20
内容記述
本稿では終戦直後に設立された神戸中華青年会が神戸華僑の社会的地位の向上のために行った諸活動について検討を試みた。神戸広東華僑を中心に設立された神戸中華青年会は、神戸華僑の社会的地位の改善のため、華僑自らが「戦勝国国民」としての自己意識を持ち、さまざまな文化活動を展開することによって、華僑内部の文化的素養を高め、同時に、日本社会に華僑の新たな存在感を見せつけることができた。これらの活動は、終戦直後の神戸華僑、延いては日本全域の華僑の社会的地位の向上に重要な役割を果たした。
This paper analyzes the activities carried out by the Kobe Chinese Youth Association for enhancing the social status of Chinese resedents in Kobe in the post-war period of chaos. During this period, young Chinese in Kobe, most of whom were Cantonese, voluntarily set up the Youth Association for the purpose of facilitating their acceptance as "nationals from a victorious nation" and carried out various cultural and educational activities for self-improvement. They played an important role in enhancing the social status of overseas Chainese in Kobe and even in the whole of Japan.
本文を読む

https://kobe-c.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=5465&item_no=1&attribute_id=45&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報