紀要論文 由起しげ子とメディア-五所平之助監督作品『黄色いからす』・『挽歌』のシナリオ執筆-

笹尾, 佳代  ,  Kayo, SASAO

内容記述
神戸女学院大学の「由起しげ子文庫」には、映画、テレビドラマの脚本類が多数含まれている。本稿ではそれらの資料を用いて、由起しげ子がシナリオ執筆に加わった映画『黄色いからす』と『挽歌』を中心に、由起と映画界との関わりについて検討した。ともに五所平之助監督作品であるこの2作品は、興行的にも大成功をおさめた。未定稿から窺える改稿の過程からは、シナリオ制作の中で由起が期待されたこと、由起が創出したかったものの傾向が明らかになった。『黄色いからす』は、戦後中国から引き揚げてきた父に生まれて初めて会い、とまどいながら生活を始める8歳の少年を中心とした親子の物語である。芥川賞作家である話題性はもちろんだが、児童文学作品の創作を通して母子の姿を描いていたこと、市民的感覚を備えていると評されていたことが、由起と市井の人々の姿を描き出していた五所監督作品との関わりを生み出したと考えることができる。また、原田康子の『挽歌』の映画化は、この作品を大ベストセラーに導くきっかけとなった。由起の日記を通して制作の経緯を追うとともに、『挽歌』のシナリオ執筆が、この後の由起の作風ー夫との関係に悩む妻の物語などの「中間小説」の創作ーを方向づけ、その後の由起作品のメディアミックス現象にも通じていた可能性を検討した。
The "Yuki Shigeko Collection" at Kobe College Library includes a great number of her film and TV drama scenarios. In this paper, I discuss Yuki's relationship with the Japanese motion-picture world, by focusing on her contribution to writing the scenarios for "The Yellow Crow" (Kiiroi Karasu) and "Elegy" (Banka), two films directed by Gosho Heinosuke, which were great box-office successes at the time (1957). By looking at the revisions made to the unfinished manuscript, I was able to shed light on not only what was expected of Yuki's scenarios, but also on what she herself wanted to express. Gosho is known for the way he represents townspeople in his films; "The Yellow Crow" is the story of a confused 8 year old boy who has to start living with his father, freshly repatriated from China after the Second World War. It is likely that Yuki was asked to write the scenario of this film due to her experience with chilren's literature and her understanding of the feelings of common people. The movie adaptation of Harada Yasuko's "Elegy" turned the novel into a best-seller. While checking the writing process against Yuki's diary. Ianalyse the way in which she shaped her style, subsequently pointing her towards writing Middle-brow novels about the problems of married couples.
本文を読む

https://kobe-c.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=5431&item_no=1&attribute_id=45&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報