Departmental Bulletin Paper 翻訳から見る日中両国語の擬音語と擬態語について―その形態と文法機能の異同を中心に―

龐, 焱  ,  Yan, PANG

Description
本論文は、翻訳作業を通じて見た日本語と中国語の擬音語・擬態語を取り上げ、それらを比較・対照することにより、日中両言語の擬音語・擬態語、特にその形態及び文法機能の異同を考察することを目的としている。日中両言語の擬音語・擬態語の分析を通して言えることは、日本語、中国語のいずれも、適切な擬音語・擬態語を使った場合、表現を生き生きとさせ、動作そのものの状態がよりはっきりしていることである。日中両言語の特性を理解し、正確に翻訳をしていくために、より効率的な日中両国語に対応できる擬音語・擬態語の翻訳パターンを纏めていくことを今後の研究内容と考えている。
This paper compares and contrasts onomatopoeia in Japanese and Chinese languages collected from traslation work to examine the differences and similarities in their formats. This paper discovers through comparative analysis that proper use of onomatopoeia in Japanese and Chinese languages can make expressions more vivid and the state of movements clearer. More effective onomatopoeia translation models between Japanese and Chinese are to be summarized for better understanding of the features of the two languages and proper translation in Japanese and Chinese, which will be a major part of the author's reserch work.
Full-Text

https://kobe-c.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=5290&item_no=1&attribute_id=45&file_no=1

Number of accesses :  

Other information